HOME

What's New(新着情報)

ビジネスと名刺

ビジネスでは、名刺が必需品となります。初対面の人に、所属する会社名、名前を相手に伝えることで、自分が何者であるかを証明するツールになるのです。ただし、人によっては一度名刺を渡しただけで、名前をすぐに覚えてもらえるわけではありません。特に難しい漢字を用いた名前の人は、初対面の人には名前を覚えてもらいにくいことがあります。このような場合、どうしたら、相手に名前をすぐ覚えてもらえるのでしょうか。日本ではとかく、名前を表記するのに漢字だけを使用する傾向があります。しかし、表にはじめからフリガナを記載する形式で、名刺を作成しておけば良いのです。また別の方法として、名刺の裏側にローマ字をフルネームで記載しておくことも有効でしょう。特に相手が外国人の場合は、複雑な日本語名での読み方を理解してもらい易いのです。一方で外国では、日本人でも下の名前をビジネスネームで用いるのが一般的です。この際、名刺には当然、下の名前はビジネスネーム、そしてその後に自分の本当の姓をローマ字で記載しておくのです。このように、ビジネスネームを用いることで、得られるメリットがあります。ビジネスを始めるうえで、もし相手の複数の取引相手が自分と同じ名字であったら、インパクトどころか、かえって相手を混乱させることにも成りかねないのです。しかし、セールスネームと本当の姓を相手に伝えておくことで、明確になり比較的、相手に覚えてもらい易いのです。このように一工夫すれば、名刺を相手に渡す際に名前を覚えてもらうだけでなく、何かしらのインパクトを相手に与えることができ、ビジネスのうえで非常に有効的なのです。

HOME